すらりとのびている背すじ、量感あふれる胸、引きしまったウエスト、ハリのあるおしり、そして美しい曲線を描く長い脚…

日々、日本男性たちの癒しとなっているグラビアアイドルたち。

当サイトでは、業界のニュースのみならずそんな彼女たちの紹介記事も発信していきたいと考えています。

記念すべき第一弾は森咲智美さん!

「愛人にしたいグラビアアイドルNo.1」ともよばれ、グラビアアイドル業界では知らない人はいない大物ですが、あらためておさらいしていきましょう。

身長160㎝、スリーサイズはB89・H58・H88のGカップ。
少しの動作でもぷるるんと揺れてしまう巨乳が魅力的。
バストとヒップがほぼ同じ大きさなのはすごいですね…。

【最新】森咲智美さんの最近人気のツイート

 

愛知県名古屋市の出身。
生年月日は1992年8月12日、現年齢は27歳となります。

芸能活動を始めたのは2010年から。

当初の名義は森智美で、レースクイーンやアイドルグループ「OS☆U」のメンバーとして活動をしていました。

そして意外なのがグラビアアイドルとしてのデビューは2016年ごろと最近であること。
それまではアイドル活動などしていましたが、OS☆U卒業と共に上京し現在の業界に活動を移したのだそうです。

そのとき23歳、10代からのデビューも珍しくないグラビアアイドル業界では遅めのスタート。

しかし元々アイドルとして活動していたこともあって知名度も0からのスタートではなかったほか、持ち前のセクシーすぎるグラマラスボディですぐに人気が爆発。

 

グラドルとしては2年目となる2017年にはDVD「Virgnal」がDMM.comの「アイドル動画2017年年間作品ランキングベスト100」で1位を獲得し

2018年にはキネマ旬報社による、その年のショップ貢献度トップを決める「グラビア・オブ・ザ・イヤー2018」のグランプリにも選ばれました。
(同グランプリは2019年も選ばれV2となりました)

淫ら/森咲智美

2020年2月にはYoutubeにて「森咲智美チャンネル」を開設。
登録者は早くも2万人を超え、バストメイク術や谷間の作り方など、Gカップのトップグラドルらしい動画を投稿し男女問わず好評を得ています。

同月には自身初となる写真展「Tomomi Morisaki-100/15934」を開催。
アメリカ・ロサンゼルスで撮影された15934枚の写真の中から自らチョイスした選りすぐりの100枚を展示、なんと全裸の写真も選んだようで、もはやセクシーすらも超越してしまっています。

記事作成時点(2020年2月)での経歴はザっとこんな感じです。

Instagramのフォロワーはおよそ230万人。
10万人台が相場であるグラビアアイドルのなかではぶっちぎりで多いです。

https://www.instagram.com/p/CBLMZ_cn2kx/

グラドルも数が増えさながら戦国時代。
その圧倒的なファンの数たるや、まるで大名の石高(領地の広さや収入)は10万、20万石が多数を占めるなかで1人ぶっちぎりの250万石を誇っていた徳川家康公のようです。

大物らしい貫禄やその人気ぶりを見ても森咲さんはグラドル界の家康と言っても過言ではありません。

また、インスタ映えするボディも人気アップに大きくつながった森咲さん。
そのためSNSの使い方もお上手で、これでもかとスーパーセクシーな写真・動画を頻繁に投稿。
自身の需要を完全に理解されているのか、ファンの方の「見たい!」を叶えています。

twitterでは投稿したあらゆる写真がシステムに不適切な内容扱いされてしまうことから、これも逆手にとって不適切女子という二つ名を自称。

トラブルも自身のセクシーさを際立たせる手段にしてしまう機転も素晴らしいですね。

ちなみに「愛人にしたい女No.1」という自身とよく似たキャッチコピーで知られ、グラドルの先輩でもある橋本マナミさんと共演した際には愛人というフレーズをキャッチコピーに組み込むことに対して直々にお墨付きを受けています。

27歳という妙齢にグラマラスなボディ、確かな実績、Youtubeや写真展など新たなチャレンジにも臆せず、SNSでは断トツのフォロワー数を誇りキャッチコピーは先輩からの公認。

森咲智美さんがいかにトップグラビアアイドルであるかがよくわかっていただけたかと思います。

無双無敵のGカップお姉様、これからもどんどんエロさ溢れるお姿を見せてくれることでしょう…楽しみですね!

ご覧いただきありがとうございました、次回の第2弾でまたお会いしましょう!

続きはコチラから花びら 森咲智美

今ならソクミルで半額!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

グラビーモおすすめ記事