グラビアアイドルの大原優乃さんが29日発売のカレンダー「Yuno Ohara calendar 2020-2021」のカットを公開、黒レースの奥からセクシーなビキニを披露しました。

妖怪ウォッチのEDテーマ「ようかい体操第一」で一世を風靡したDream5の元メンバーであり、「ゆーの」の愛称で親しまれている大原さんも今年で20歳。
2009年に10歳で芸能界入りをして11年目、今では垢抜けたセクシーお姉さんに。

今回のカレンダーで大人の女性としての成熟ぶりを存分にアピールしており、3月には発売記念イベントとしてファンへのお渡し会も予定している様子。

【童顔+小柄+巨乳の抜群コンボ】

154㎝という小柄な体格ながらFカップの巨乳を誇る大原さん。

Dream5時代、まだ色気を売りにしていなかった頃はその大きなバストを隠すためにさらしを巻いていたこともあったそう。

ちなみに154㎝Fカップというロリ巨乳なプロポーションも2017年、つまり高校生時点でのもの。
もしかしたら20歳を迎えた今、当時よりさらに果実が育っているかもしれない…と思うと心が躍ります。

ちなみに、実は大人しめで後ろ向きな思考になることも多いという大原さんはグラビアアイドルとして活動を始めた当初は水着姿を写真でとられることに対しても自信がなかったのだとか。

しかし今の人気ぶりからも分かる通り、日本男児たちは小柄で守ってあげたくなるような女の子は大好き。
それに可愛らしい童顔、巨乳の持ち主ともなれば好きにならないはずがありません。

現在、当初の予想に反して多くのファンに支えられている大原優乃さんはSNSでもキュートなスマイルの自撮りや水着写真の投稿を怠りません。
(リンクは記事末尾に記載)

【最後に】

女優も兼業し、SNSで大きな話題となったアニメ「ゆるキャン△」のドラマ版でも準主演が決まっている大原優乃さん。
グラドルとしても女優としてもこれからさらに脂の乗ってくる時期、躍進が楽しみですね!

Instagramはこちら

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

グラビーモおすすめ記事