ぴちぴちの若い女の子、良いですよね。

ハリのある肌、弾けるような肉感、フレッシュなスマイル、行動力に溢れるエネルギッシュさ…

男ならそんな若い子を見てグッとくること間違いありません。

グラビアアイドルを新人から売れっ子まで紹介・アーカイブするグラドル紹介企画も今回で第16弾。
読み漁って、少しずつグラビアの知識がついてきた方もいるのではないでしょうか。

今回紹介するのはぴっちぴちの新星「十味(とーみ)」さんです!

※とーみさんは当サイトでも以前こちらの記事で取り上げたことがありましたね!

プロフィール

1999年2月8日生まれの現在21歳。
出身は長野県で血液型はA型。

本名は非公開で、とーみという芸名は地元長野県の東御市が由来。
芸名を考えている最中に母親とのドライブで東御市をドライブしていたことで思いついたのだとか。

149㎝という身長で、目がぱっちり大きくロリ顔で巨乳…
ミニマムグラマラス、言い換えればロリ巨乳な体型が魅力。

顔つきは幼いのに脱いだらボインボインなのが男心をくすぐります。
水着姿もごくりと唾をのんで感嘆の声を漏らしてしまうことでしょう。

デビューは2018年から。

グラドル界の新たな原石

高校時代からニコニコ動画の”踊ってみた”にダンス動画を投稿したことで人気を博し、イベント出演のため各地を飛び回っていたとーみさん。

グラビアデビュー前からファンがいた、というのは強みですね。

その後、大学進学のために地元を離れ現在の所属事務所「ゼロイチファミリア」にスカウトされ2018年6月から所属することに。

更に翌7月26日に週刊ヤングジャンプでグラビアモデルのデビューを飾り、
そのわずか二か月後の10月11日には表紙に抜擢されます。

さらに同年11月、講談社主催「ミスiD2019」準グランプリを獲得。

2019年1月には週刊ヤングジャンプの創刊40周年を記念した「SS ELEVEN」にも選抜。
これは編集部イチオシのグラドル11人が選ばれて同誌の表紙を飾るというもので、多くのグラドルを特集して目の肥えているであろう同誌編集部から見込まれたとーみさんの期待値の高さが伺えます。

そしてとーみさんのキャッチフレーズ「平成最後の奇跡の原石」を名付けたのも同誌。
編集部の方曰く一目見てすぐに撮影させてほしいと連絡したそう。

また、とーみさんのことを「努力家で研究熱心」と評価し、撮影中も自分のグラビアショットを見て周りと意見を出し合うなど仕事への姿勢も含めて逸材だとしているようですね。

ルックスとプロ意識の両面で評価されているとあらば今後も各誌へ引っ張りだこなのは間違いありません。
フラッと立ち寄ったコンビニの雑誌コーナーでとーみさんを見かけることも増えるかもしれませんね!

エピソード1

子供のころからリアルで友達があまり作れなかったというとーみさんは自称”陰キャラ”で、ニコニコ動画での活躍ぶりからイベントに呼ばれだしてからはネットを通して友達もできたのだとか。

所属するゼロイチファミリアはタレント間の仲も良く、グラビア仲間とよくお酒も飲みに行くそうです。
2019年のヤンジャン囲み取材ではそういった経緯もあってか「陰キャラを卒業できたかもしれない」と告白。

サブカル系女子が陰キャラを卒業するのは寂しいですね…。

エピソード2

グラビア活動を始めた当初は学校の同級生に「とーみ」という芸名を伝えていなかったようで、ヤングジャンプにて前述の「平成最後の奇跡の原石」と紹介された際には「はらいしって芸名なの?」と聞かれて笑ってしまったそうですw

お友達も可愛いですね。

写真集

2020年5月4日現在、イメージDVDはリリースされておらず唯一の写真集は1st作品「とーみにこ」。

2020年2月6日に発売されたもので、すっぴんや露出度の高いショットにも挑戦している出し惜しみのない一冊。
Amazonのレビューでも「最高に可愛い」「艶やかで美しい」「被写体の魅力が伝わってくる良作」とかなりの高評価を得ています。

お兄さんファンたちも読破するころには骨抜きのメロメロにされてしまったみたいですねw


十味1st写真集『とーみにこ』

最後に

次世代のグラビアアイドルたちの活躍は先輩たちにも負けないほど眩しく、
各々がDVDやSNSで個性を発揮して活躍されています。

グラビア業界の未来は明るいですね!
とーみさんも、その一人として業界をどんどん盛り上げていってほしいです。

今回の記事は以上になります、閲覧ありがとうございました!

十味さんの…▼

Instagramはこちら

twitterはこちら

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

グラビーモおすすめ記事